概要2

ヒサシくんのスイカ

「われ、こじゃんと暑いねや! 
   すいかが 熟れたけん へんしも 取りに来いや!」
と、猿飼のヒサシくんから 電話がかかってきた。

あたし・・「う、うん。
     暑うて ずつないけんど、すいかねぇ、、、」
ヒサシくん・・「われも めっそに 弱いねや。ま~ 早よ 来いや!」

と いうことで「すいか」といわれると 心が踊る、、、
ま、夏は すいかに限る。






あたし・・「われ、この水不足の暑いなか、よ~作ったねや!」
ヒサシくん・・「うん、雨は降らんし、イタチは来るし 大変やったがよ」











「ま~食え・・・」
早速 水で冷してくれちょった すいかを
『ザバッ!』っと 切ってくれた。

すいかは 冷蔵庫じゃなく 谷水で冷すと 決まっちょる。

あたし・・「うん、え~あんばいじゃいか、、、」
ひさしくん・・「そうじゃろ~ そうじゃろ~!」




ヒサシくんの 庭のモッコクには ジュウシマツの巣箱が用意されちょる。
「今年は 巣作りに 来んかった、、、」と 残念そう、、、




あたし・・「ま、今年は 四万十で ニッポン一暑い 41度を記録。
    なんぼいうたち こんな夏は 知らんねや、、、」
ヒサシくん・・「そうじゃねや、地球が 怒っちょるねや」

ってな調子で、
夏の午後 人里離れた山奥で、
ミンミンゼミ を聞きながら、
谷水で 冷した すいかをいただく、、、


こんなに 贅沢なことはない。






ヒサシくん・・「そうよ、この山の奥で 
     無農薬の稲作を始めた若い師がおるぞ!」
あたし・・「な~に! そりゃ 行ってみんと いかん・・・」




ヒサシくんの家から 約800mほど上の平地を 開拓して、
水耕田を作ったらしい。

早速、案内してもろうて 行ってみると、
「おっとろっしゃ! こりゃ たまげた、、、」








周りに田んぼが ないけん 無農薬で自然のまんまに 育てよる。
まさに 奇跡の お米。

なんでも、8年ほど前、東京から移り住んだ若夫婦が
今年から 作りよるらしい。






二人とも 関東出身で、
東京→沖縄→高知(黒潮町)と 放浪の末、
この黒潮町が こじゃんと 気に入って 住みついたらしい。




おっと、、、
家の納屋には 昔懐かし 脱殼機や もみすり機が用意されちょる。










この タナミさん夫婦は ただ者じゃないので、
ちゃんとした 紹介は 次回、ということで、、、、




ご子息の・・・
トーミくんが、機嫌よく 見送ってくれたがよ、、、

「おおきに」


  wasuke

09:15 | スタッフブログ 

コメントは停止中です。

プロフィール

スタッフこのブログではしまんと百笑かんぱにの取材先で出会ったひとや面白いこと、その他スタッフ裏話なんかも取り上げていきたいなと思っています。

RSSはたも~らブログを購読する