概要2

そもそも幡多ってどこ?

幡多地域の地図

幡多は高知県の南西部にある六つの市町村(四万十市、宿毛市、土佐清水市、黒潮町、大月町、三原村)を合わせた地域のことです。日本最後の清流と呼ばれる四万十川、雄大な太平洋を一望できる足摺岬、豊かな海が育んだ1000種類の魚と出会える柏島。とてもひと言では伝えることができないほど魅力あふれる土地、それが幡多です。

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

だるま夕日

だるま夕日

四万十川

四万十川

ツツジ

ツツジ

海中公園

海中公園

足摺岬

足摺岬

ここでしか出会えないもの

幡多地域の風景

その土地、その地域でしか体験できないものがあります。その土地でずっと受け継がれてきた郷土料理、長い歴史を重ねてきた建物、四季折々の自然の表情。いつでもどこでも手に入るものではなく、そのとき、その場所でしか出会うことのできない瞬間。それが幡多にはあります。

幡多を網羅する「四万十まるごと はたも~ら」

 「ひがしやま」というお芋を乾燥させた素朴なおやつがあります。海に面しただんだん畑で採れたいもを大釜で煮込み、2週間じっくりと時間をかけて干します。冷たい潮風と柔らかな日差しを受けて出来上がった「ひがしやま」は甘みが増し、自然の風味をぎゅっと閉じ込めたとても贅沢なおやつになります。
ほかにもまだまだ、幡多には自慢の食があります。文化があります。そしてそれを作り伝えるひとがいます。しまんと百笑かんぱには、そんな幡多のいろんなコトを伝えるために生まれました。

幡多流のおもてなしをご用意しておりますので、どうぞ幡多へお越しください。