概要2

アトリエ・ねねむ

「ねぇ、ねぇ、作品展するけん 見に来てや!」
と、『アトリエ・ねねむ』の ルミさんからの電話。




17回目の作品展。
『扉をあけると ひとつひとつの 語り継がれる世界がある』
招待作家/田辺 陶豊(陶芸)

と 案内状に書かれちょる。
師匠の陶豊さんの 作品もでるらしい。


5月23日(木)~5月26日(日)の4日間 午前10時~午後5時まで
場所/ヨンデンプラザ ギャラリー

みなさんも ぜひ見に行ってやってください。



ルミさんとは 中村高校での同級生で、あの頃から
芸術を 追求しよった。

あたしも美術部には 属しちょったけんど、
目ざすところは かなり 違う方を向いちょったような気がする。
ようするに いい加減じゃったがじゃろう、、、。

今は 結婚して 陶芸教室『アトリエ・ねねむ』を主宰。
だんなさんの カズヒコさんも 陶芸家で、
こじゃんと 仲良しながよ。




ちなみに、ルミさんの父上であり 師匠でもある 
偉大なる作家 田辺陶豊さんは 今年の1月に他界した。




あたしも 一時は ざまに落ち込んじょったけんど、
先日、陶豊さんの お孫さんの セツさんから、
お礼の言葉を もろうた。

セツさん・・「じいちゃんのこと ブログにのせてくれて、
    ありがとう、、、」

結局 人と人は、こういう風に世代を超えて
繋がっていくがじゃろう、、、。

生涯 創作することに 命をかけ、
途方もない 世界に向かって 走り続けた、
人間大好きおじさん、陶豊さんのDNAが引き継がれていきますように、、、。

お腹いっぱいにすることも 大事じゃけんど、
胸いっぱいになることのほうが もっと大切・・・

と 思う今日この頃です。




そろそろ 暑い夏が やってくる。


  wasuke

 

15:56 | スタッフブログ 

コメントは停止中です。

プロフィール

スタッフこのブログではしまんと百笑かんぱにの取材先で出会ったひとや面白いこと、その他スタッフ裏話なんかも取り上げていきたいなと思っています。

RSSはたも~らブログを購読する