headimg_shopping

四万十の醤油。

四万十の醤油。

[ しまんと百笑かんぱに セレクト ]

ふるさとの醤油

仕込みからすべて行う一貫生産。ここ幡多で、一貫生産をしている醤油蔵が二軒残っています。共に昭和初期に創業。旧中村町内に蔵を置く「マルサ」と「マルバン」。それぞれが、こだわりのスローな味を提供し続けていますが、共通点もあります。
 共に、通常では三か月程で諸味を絞ってしまうところを、一年以上寝かせて自然発酵させています。手間と時間はかかりますが、香りと風味が違います。素材も重視し、原料となる大豆や小麦も厳選していますが、一番は何といっても仕込みに使う『四万十川の水』。地下五十メートルから汲み上げた四万十川の伏流水で、雑菌が全くありません。
 幡多の醤油はこの水あってこそ、四万十川があってこそできる醤油なのです。


 








[写真左] マルサ醤油 こいくち一番搾り
かけ醤油としても、煮物用としてもどちらにも使えるこいくち醤油。ほんのり甘口です。

[写真右] マルバン醤油 四万十・自然味こいくち金印
口当たりの柔らかい、あまくち醤油です。