headimg_shopping

四万十の酒

四万十の酒

[ はたも~らオススメ ]

四万十の酒

高知西南部の幡多地域には四国山脈を背に、悠々と四万十川が流れます。川沿いの地では、高地ならではの気温差のうまい米と、山あいの清らかな水を使い、古くから酒を造っていました。
大吟醸など日本酒が主流で、創業は江戸中期から明治と老舗揃い。それぞれの杜氏のこだわり、個性、想い、誇りが酒にそのまま反映しています。最近では、地域独自のオーナー制の限定酒が人気です。
四万十市の富山地区「とみやま酒米生産部」は、10年前から完全オーナー制の酒「とみやま」を造っています。地元米農家が結成し、この酒専用に「吟の夢」という品種を生産。苗も手作業で植え、水は四万十川伏流水を使い、同市の蔵元で酒造するこだわり。どれも申し込みからすぐ手に入るわけではありません。待ちに待って届けられ、初めて口にする時の歓び。米の成長を見守り、熟成の様子を見学する…オーナーになることでより酒の味わいは深くなります。

 



日本最後の清流とよばれるこの四万十川の
伏流水を使用した選りすぐりのお酒をご堪能
ください。


米・水・人にこだわり、高品質の酒造りに対する姿勢を貫いています。高知酵母と四万十の伏流水使用で、華やかさな香りと日本酒の真のうまさが味わえる酒となっています。


完全限定オーナー制の酒。全3種はそれぞれ味わいがあり、香りがよく口当たりもさわやかです。山あいの田植えは全て手作業で行われます。米ひと粒ひと粒に思いがこもっています。1口で、4合ビン3種類各2本の合計6本が届きます。
酒米を使わず、自分たちのつくった「ヒノヒカリ」のみ使用しました。水も四万十川支流で最も美しいとされる黒尊川源流水。四万十のふるさとの風情に思いをはせながら飲んでください。